顧問料0円、完全スポット(単発)対応の社労士サービスはこちら
しゃろねこ
しゃろねこ

労働保険年度更新のための年度更新申告書計算支援ツールの書き方をご案内します。
フォームがお手元にない場合はこちらよりダウンロードください。

年度更新とは?

年度更新とは、前年度(去年の4月~今年の3月)の労働保険料及び新年度(今年の4月~来年の3月)の概算の労働保険料を申告し、精算する手続きのことを言います。払いすぎている場合は戻ってきますし、足らない場合は追加で支払います。

年度更新は前年度の賃金総額を基準として計算しますので、前年度の賃金総額を集計する必要があります。

年度更新申告書計算支援ツールを利用することで去年の賃金総額を簡単に集計できます。早速、やってみましょう。

表の左側が労災保険の総賃金、右側が雇用保険の総賃金です。よって従業員全員が労災と雇用保険に加入している場合は、左側も右側も同じ人数、同じ金額となります。

①~⑥を埋めることで自動計算されます。

※労災は全従業員が加入しているものになります。

年度更新申告書計算支援ツールの記載例

①は各月の常用労働者及びアルバイトで雇用保険に加入している者を足した合計人数を記載します。
要は労災と雇用保険に加入している人たちです。
例えば、常用労働者4名+アルバイト1名(雇用保険には加入)であれば5と記載します。

②は①で記載した従業員の総賃金を記載します。
例えば、①で記載した従業員の総賃金が100万円であれば1,000,000と記載します。

③は各月の雇用保険加入者の合計人数を記載します。
例えば雇用保険加入者が5名であれば5と記載します。雇用保険には加入していない人はいれません。

④は③で記載した従業員の総賃金を記載します。

⑤はアルバイトで雇用保険には加入していない従業員の合計人数を記載します。
該当者がいなければ、記載は不要です。

⑥は⑤で記載した従業員の総賃金を記載します。該当者がいなければ、記載は不要です。

もっと詳細の記入方法を確認されたい方は、こちらを参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouhoken.html

 スポット対応可能な「社労士クラウド」とは?

全国のあらゆる社会保険手続きを顧問契約なしのスポット(単発)で対応するサービスをご提供しています。

顧問料がないのはもちろん、業界最安値レベルの価格設定としています。

「年度更新」「算定基礎届」以外の社会保険手続きもスポットで対応いたします。

サービスページはこちら